2017年5月11日木曜日

◆イノバシオン百貨店火災(1967年・ベルギー)※加筆修正しました

 この「イノバシオン百貨店火災」は、以前にも一度ご紹介している。

 その時は岡田正光氏の『群集安全工学』だけを参考にしたのだが、このたび、同じ著者の『火災安全学入門』という著作に、より詳細な内容が載っているのを見つけた。よって加筆修正して改めて公開することにした。

 つまりイノバシオン百貨店火災は、まったく違うテーマの2冊の本に跨って紹介されているわけだ。このことからも、この事故が火災+群集事故のコラボによって大惨事に至ったことが分かる。しかもデパート火災としては、世界一の死者数である。

   ☆

 1967(昭和42)年5月22日。ベルギーの首都・ブリュッセルにあるイノバシオン百貨店は、大勢の人でにぎわっていた。

 この百貨店は1919(大正8)年に創立。当時のベルギーの大手百貨店のひとつで、RC造6階建て、延床面積は9,500平方メートル。従業員は1,200人おり、パリにも店舗があったというから、かなりイケイケである。 

 時刻は13時半頃。店内には約2,500名のお客がいたと考えられている。特に、4階の食堂は350席あるテーブルがほぼ満席だった。

 日本人の感覚だと、「えっ、なんで昼休みの時間を過ぎてるのに食堂にそんなに人がいるの?」と思うところだ。どうも、ベルギーの生活時間というのはラテン系だそうで、それで13~15時が昼休みになっているのだとか。

 ここで火災が起きる。火元は2階だった。婦人服売り場の、天井近くにぶら下がっていた少女服のあたりが燻っていたのだ。発見したのは女性店員だった。

 いけない、火事だわ――! この店員は30メートル離れた消防センターという場所に行き、粉末消火器を持ってきた。周囲には紙製の吊り天井もあり、燃えやすいことこの上ない状況である。早く消火しなければ――。

 だが、時すでに遅し。この時点で、もはや消火器程度では手に負えないほどに燃え広がっていた。

 そこで彼女は消防センターに戻り、火災報知器と非常ボタンで火災の発生を知らせた。時刻は13時34分。初期消火も火災の報知も全部ひとりでやったのだから、大変お疲れ様である。

 この後、非常ベルで事態に気付いた2人の自衛消防隊員が、消火栓からホースを伸ばして消火にあたったりもした。しかし彼らの奮闘もむなしく、炎も煙もひどくなる一方。従業員たちは退却せざるを得なかった。

 火炎はどんどん延焼した。火元の近くに、吹き抜けと階段とエレベーターがあるという、ただでさえ伝播しやすい状況だったのに加え、当時は店内にポスターや旗などの燃えやすい飾りが多くあったという。「アメリカ週間」と銘打ってバーゲンセール中だったのだ。

 煙は、5~6分で全館に拡がった。信じられないほどの速度である。

 この建物、消防設備はしっかり整備されていた。消火栓96箇所、消火器450個、煙感知器144個、押しボタン式警報装置60個が設置されており、また消防専従の職員も16名いたという。頼もしい限りだが、資料によると、従業員がこれらの設備を利用してどのような行動をとったのかについては「何をしていたのかよくわからない」らしい。おそらく、炎と煙の伝播が早すぎて、気付いた時にはもはや消火どころではなかったのではないか。

 ただ、店員たちは避難誘導はかなりしっかり行っていた。これについては後述する。

 中には、明らかな不手際もあった。13時半には、従業員の交代を知らせるベルが鳴っており、34分に鳴った非常ベルも同じものだと勘違いした従業員がいたのだ。彼は、騒ぎ始めたお客を「なんでもない」となだめたという。

 13時40分に消防の先発隊が到着した。この時、既に2階以上は煙に包まれており、おそらく最上階にあったのであろう「吹き抜けのドーム」なるものからも煙が出ていたという。つまり天井に穴が開いたのだ。いわゆる煙突作用で、ますます火勢は強くなっていった。

 1階にいた人たちは、全員無事に脱出した。中にはマネキン人形で窓を破った人もいたというから、それなりに難儀もしたのだろうが、とにかく死者は出なかった。

 問題は2階より上である。特に4階の食堂がやばかった。出火当時、この食堂がほぼ満席状態だったことは先に記したが、ここで260名が死亡することになる。

 この食堂について、もう少し詳しく書いておこう。ここはセルフサービス方式だった。お客は入口から一列で食堂内に入り、カウンターで好きな料理の皿を取って代金を払う。そして食後は、食器をコンベアに置いて出口から退出するというシステムである。

 この、入口と出口が問題だった。どちらも狭い上に一つずつしかなかったのだ。そこで濃煙が室内に進入してきたものだから、お客たちは一気にドアへ殺到。結果、多くの人が人混みに遮られ、食堂を脱出する前に煙あるいは有毒ガスを吸うことになった。

 イノバシオン百貨店の死者数は325名。うち8割が、この4階の食堂で死亡したことになる。死因は、大部分が窒息死。参考資料の言葉を借りれば、死者たちは食堂内で「袋のねずみ」状態だったという。

 一方で、当時4階にいたものの助かった人もいた。部屋の隅に避難用のハシゴがあり、そこから25名が脱出している。また、事務室を通って難を逃れた者や、外に飛び降りた者もいたという(もっとも、4階から飛び降りた全員が無事だったとはちょっと考えにくいが)。

 つまり、一応4階でも避難は不可能ではなかったのである。だが、助かった人によると、当時は猛煙で1メートル先も見えない状態だったという。よっぽど最初から避難ルートを心得ているか、あるいは幸運に恵まれなければ、脱出は難しかっただろう。

 その他、参考資料には当時の悲惨な状況がいろいろ書かれている。パニックに陥った人々が、避難通路に殺到して折り重なって死亡したとか、バルコニーから12名が次々に飛び降りたとか、衣服に火がついて逃げ惑う人々がいたとか……。ただ、具体的にどの光景がどの階で見られたものなのかは不明である。

 気が滅入るような大惨事だ。だが救助された人も大勢いた。例えば、2階のバルコニーに避難した約200名は、ハシゴ車で無事に助けられている。また店員や消防隊員の中には、窓ガラスを破って突入したり、火傷も厭わずに熱く焼けた階段を通り、人々を救出した猛者もいたという。隣接するビルのオーナーが、ロープを投げて約20名を救助したとか、消防隊が建物の下で救助幕を広げた時に多くの市民が協力したなどのエピソードは、美談と言ってもいいだろう。

 そして、この百貨店の店長は殉職している。お客を非常階段へ誘導して25名を助けた彼だが、この誘導のために何度も往復しているうちに店内で死亡したのだ。

 この他、従業員たちも上役の指示で避難誘導に努めたというから、非常時に備えた社員教育はきちんとしていたのだろう。

 さて、そうこうしているうちに、いよいよイノバシオン百貨店は崩壊し始めた。まず15時15分に、先述した吹き抜けドームが大音響と共に崩れた。さらに16時頃には、食堂のあるブロックも以下同文。大百貨店は数時間で焼け落ち、その残骸からは夜になっても火炎が上がっていたという。

   ☆

 それにしてもイノバシオン百貨店、何故これほど呆気なく焼け落ちたのだろう。消火設備はきちんとしていたのに、「いとも簡単に」と言っても差し支えないような焼けっぷりである。

 参考資料によると、この建物が造られたのは、百貨店の創立よりも約20年前の1901(明治34)年だった。さらに1904(明治37)年以降、5回にわたって改築が行われ、ツギハギの増築がなされている。これにより、全体の構造の統一性に欠けるところがあったようだ。

 詳しく記すと、本館は6階建てでRC造とSRC造が混在。中央部は最上階まで吹き抜けになっており、てっぺんはガラスの屋根がスライドして開くようになっていた。1~5階が売り場で、地下1階は倉庫と従業員用の控室。そして6階は管理部門である。これに、さらに4つの建物がくっついており、こちらはRC、鉄骨、レンガ作りが混在していた。

 で、ここまで書いておいてなんだが、筆者は建築の専門家ではないので、こうした構造にどういう問題があったのかはよく分からない。わざわざ資料に書かれているくらいだから、きっと何か問題があったのだろうと推測できる程度だ。

 ちなみに事故から遡ること31年前には、国立火災予防協会のブルーウェル氏(誰?)が、既にこの建物の危険性を指摘していたらしい。参考資料にも、竪穴としての階段とエレベーターが区画されていれば、これほどの大惨事にはならなかっただろうと記されている。それが本当なら、実にやり切れない。

【参考資料】
◆岡田光正『群集安全工学』鹿島出版会、2011年
◆岡田光正『火災安全学入門―ビル・ホテル・デパートの事例から学ぶ』学芸出版社、1985年
◆ウィキペディア

■□■━━━━━━━━━━━━■□■
大人気!正史に隠れた驚愕の黒歴史…!!
きうり著・『事故災害研究室』
電子書籍サイト「パブー」で公開中。
完全無料です。気軽にご覧下さい。
【こちら】からどうぞ。
■□■━━━━━━━━━━━━■□■