2018年5月20日日曜日

◆ワキの下の脱毛治療

 ワキ毛の脱毛をすることに決めました。

 もともと、ワキ臭がひどい体質なもので…。

 結婚して、秋頃から新生活が始まる予定なので、これを機に肉体改造することにしたのです。

 で、形成外科に行って相談(カウンセリング)しました。

 なんでも、ワキ臭の治療としては主に2種類あるそう。

 ①制汗剤で汗と匂いを抑える。
 ②脇の下の肉をこそぎ取る手術を行う。

 僕の場合、①は自分でもさんざん試したので物足りない。

 かと言って、②は1週間くらい入院することになるらしく、それでは仕事に差し支える。

 じゃあ脱毛は? と聞いてみたところ、「それもアリだ」とお医者さんは答えました。

 ただ、脱毛はあくまでも脱毛であって、ワキ臭を完全に除去するわけではないそうです。

 毛根を焼きつぶすのと一緒に、ワキ臭の大元の部分も封じ込める効果が期待できる、とのこと。

 まあ①と②の中間くらいで、妥当なところかな。

 というわけで、これに決定。

 予約を入れて、さっそく脱毛治療の1回目を済ませてきました。

 レーザーで、ジュッ、ジュッと毛穴一つひとつを焼きつぶしてもらいました。

 10分くらいかな?

 焼きつぶす時は、さすがにちょっと熱くて痛かったけど、耐えられないほどではありませんでした。

 今後もこの調子で、さらに複数回、レーザー治療を行います。合計10回くらい繰り返すことで、完全な脱毛の効果が期待できるんだったかな。

 1回の施療ごとに、3週間?4週間?くらい、間を空けるそうです。

 で、1回の施療の料金は6千円台。

 まあ、1~2か月に一度、6千円の出費で、脱毛とワキ臭の軽減につながるのなら安いものです。

 20年くらい前は、ワキの下の永久脱毛というと30万円くらいかかると言われていたと思いますが…(米沢りかの『アクション大魔王』で読んだ記憶がある)。安くなったんですね。

 ちなみに、この医院では、最初にカウンセリングを行った段階で、制汗剤もひとつ提供してくれました。

 お医者さんお墨付きのやつ。

 今まで制汗剤とかいろいろ試したけど(Banのようなメジャーなやつから、塩化アルミニウムまで)期待外ればっかりだったので、正直なところ今回もあまり期待していなかったのですが…。

 しかし、今回の制汗剤は、効果がありました。

 カウンセリングを行ってから、1回目のレーザー治療の間に、この制汗剤を使ってみたのです。

 だいたい一週間くらい使ったことになるのですが、その間、自分のワキ下の臭いを一度も嗅がずに済みました。まったく臭いが気になりませんでした。

 もちろん、効き目や、「気になるかどうか」の気分には個人差があると思います。

 でも、もしもワキの下の汗や臭いを制汗剤で何とかしたい…という方がおられましたら、僕はこれを紹介したいと思います。Amazonでも普通に売っています。

 商品名は『デオドラント剤 ディーバー』です。