2015年8月23日日曜日

◆子供は早く寝ろ

 いろんな考え方、いろんな価値観があります。

 ひとつの考え方に固執するのは、今の時代には合わないと思います。

 だがしかし、それでもやはり、「子供は夜は早く寝た方がいい」という僕の考えは変わりません。

 僕には子供はいませんが、自分にもしも子供ができたら、とにかく夜は強制的に部屋に閉じ込めてでも、無理やり早寝をさせるような気がします。

 小さい頃、僕もそんな風に育てられた覚えがあります。物心ついてからも、しばらくの間そういう習慣で夜は寝かされました。

 正直あれはつらかった。眠くもないのに強制的に布団に押し込まれるのは、子供心にもイヤでした。

 それでもやはり、子供は早く寝た方がいい。そういう信念があります。

 科学的にも、子供の夜更かしが、発育にい影響を及ぼすなんて話はないと思いますしね。

 僕はこの「科学的にも実証されている」あるいは「実証されていない」という言い方が安易に使われる文章もあまり好きではありません。

 例えば「朝食は必ず食べた方がいい。それは科学的にも実証されている」という言い方が流布していますが、僕はあれは、デタラメとは言わないけど偏った考え方だと思います。僕を含め、世の中には朝食抜きの方が調子のいい人もいます。また逆に「朝食は食べない方がいい」という「科学的な」言説も世の中にはあるのですから。

 それでも僕は、「子供は早く寝た方がいい。それは科学的にも実証されている」という言説があれば、そっちにつきます。

 22時以降の時刻に、幼児がコンビニとかスーパーとかファミレスにいたりすると、ギョッとしてしまうのです。

 都会では当たり前の光景なのかも知れません。親の生活が不規則で、子育てもそのスケジュールに合わせざるを得ないのかも知れません。いろんな考え方があるのかも知れません。

 それでもやはり…子供は早く寝かせた方がいいと思うのです。

 家出をして、夜とか明け方に子供がぶらついていたりすると、さらわれて殺されてしまうのです。日本にもそういう子供を狙う人はいるのです。本当です。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
大人気!正史に隠れた驚愕の黒歴史…!!
きうり著・『事故災害研究室』
電子書籍サイト「パブー」で公開中。
完全無料です。気軽にご覧下さい。
【こちら】からどうぞ。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■