2015年6月21日日曜日

◆人生はまとまらない

 ブログが完全に放置状態になっていて、たまに更新しないと、やり方を忘れてしまいそう。

 たぶん、同じような放置状態になっている人は皆似たようなものだと思いますが、ブログの存在を忘れたわけではないんですよ。

 ただ、心の中の優先順位が、日々の中でブログ更新にまで至っていないだけで。

 ありきたりの言い方をすれば「時間の余裕がない」「忙しい」ということになるでしょうか。実際、そうとしか言いようのない状況でもあります。

 書こうと思えば、日記でもつける感じで身の周りのことを書いて、機械的に更新すればいいんでしょうけどね。

 しかし年齢的なものなのかも分かりませんが、「ブログを書く」という行為に違和感を覚え始めたところもあります。

 違和感というか、なんか気恥ずかしくて。

「僕はこういうふうに生きているぜ」とか「僕はこんな風に考えているぜ」ということを、ひとつの「記事」としてまとめて公開することが、恥ずかしいのです。

 この恥ずかしさは、うまく言い表すのが難しいんですけどね。

 単純に言って、人間とか人生なんて、死ぬまで「まとまらない」ものだと思うのです。

 その「まとまらない」ものに、無理やり区切りをつけて「記事にまとめる」というのが、少なくとも自分のガラではない気がしていて。

 変化して、流れ流れていく人生。

 それは、「記事にまとめる」という形で区切りをつけるよりも、SNSのような媒体でただとりとめもなく流れていくように示される方が、よりふさわしい気がしています。

 とか言いながら、こうやって自分の考えを「まとめて」いるんだから話にならないのですが。

 またあまり間をおかずに更新したいと思います。