2014年10月12日日曜日

◆複数ファイルのファイル名を変更する便利な操作

 下手は下手なりに、あちこちでたくさん写真を撮っておりまして。

 気がつけば、写真を保管しておくためのフォルダも大変な分量になっており、これは何とかしないとマズイなと思えてくるわけです。

 数が少ないうちはいいんですけどね。

 多くなってくると、フォルダを開いて中身を確認するのも嫌になってきます。しかも、フォルダ内でさらに枝分かれしたフォルダがあったりすると、こんなややこしい分類するんじゃないよと昔の自分に文句を言いたくなります。

 そこで、やろうと思ったのは、「一度フォルダの中身を全部ぶちまけよう」ということ。

 部屋の中の整理整頓と同じですね。増えたモノを整理するには、一度全部ぶちまけて、当世風の言い方をすれば「見える化」(あまり使いたくない言葉ですが)しなければなりませんから。

 ただ、写真のファイル名は、撮った時の名称そのままになっています。あの暗号のような文字と数字の羅列ですね。ですから、いきなりフォルダから全部出してぶちまけてしまうと、いつどこで撮ったのかが分からなくなります。

 かと言って、フォルダ内のファイル名を一気に変えるなんてできるのかどうか…。

 それで調べてみたら、こんないい方法がありました。

【複数ファイルのファイル名を変更する便利な操作−F2キー&Tabキー】

 いいですねえ、これ。

 まあ、やってみると何も難しいことはなくて、仕事でのPC操作の延長程度のものなのですが。でも、そういうちょっとした応用編というのを意外に知らなかったりします。

 こういう「裏技」的なテクニックって大好きです。子供の頃から、「くらしの1分メモ」とかをテレビで見かけると妙にワクワクしていたものです。

 今はネットがあるので、こういう裏技&雑学的な知識が好きな人にとってはたまらないでしょうね。