2014年7月27日日曜日

◆スマホ新調して考えたこと

 スマホを新調したのには、2つほど理由がありました。

1・前のスマホ、落としてヒビが入っていた
2・安価で新品を購入できる案内がきていた

 と、そういうことです。

 このうち2は、なんか10年間ずっとドコモを利用してきた人だけが対象だったみたいです。最新モデルの新品を買って、本体価格の分割払い分については、もはや「無いも同然」の2年払いにすることができました。

 ただ、この「無いも同然」にするためには、あるプランに加入しなければなりません。それが条件でした。で、それに加入すると月々の支払額が上がる仕組みになっておりまして。

 なんのことはない。「本体価格を安くする」のをエサに、実際には本体価格を分割払いできる2年という期間以上に、使用料を払わせようという目論見なわけです。

 それはそれでいいとして。

 僕としては、とにかく壊れかけのスマホを新調できたのでいいんですけどね。

 月々の支払額が、今まで固定だった部分が変動になってしまいました。

 電話をかけすぎたり、ネットを使いすぎたりすると料金が跳ね上がる仕組みです。

 これは、色々なものを控えるいいチャンスかなと考えております。

 もちろん必要であれば電話はしますし、ネット接続も行ないます。でも、無駄と思われる部分は意識的に控えて、自分のやりたいことややらなくちゃいけないことに集中しようかな、と。

 つまり「だらだらインターネット」から卒業するいい機会だということです。

 それとスマホの切り替え時に、アプリの引き継ぎでいろいろ失敗しまして。カレンダーやメモ帳として使っていたアプリのデータが消えてしまったのです。それで、アナログなやり方の重要性も再認識しました。

 今まではハウツー本を読むばかりで、なかなか実践していなかった「手帳術」「メモ術」なるものを、そろそろ自分でもやってみようと思います。

 準備するのは、100円ショップの無地の手帳。これに、カレンダーも何もかも、完全に手作りでやってみます。

 きっと楽しくなるはず。