2014年7月20日日曜日

◆2週間

 気がつけばもう7月も20日ですか。

 2週間も更新していませんでしたが、その間、『月間群雛』8月号に載せるための原稿を作成しておりました。

 怖いもの知らずで、しかも時間がたっぷりあった学生時代だったら、2週間あれば原稿用紙150枚分くらいは書いていたんですけどね。殴り書きです。

 今は、仕事しつつ、なんとか時間を捻出して、他人(読者)の目を気にしてビクビクしながら、原稿用紙25枚程度の文章のために推敲に推敲を重ねています。

 一応今は無事に脱稿しまして、ゲラ確認の段階に入っております。

 斯様に、この2週間はちょっとした修羅場だったわけですが、「やっぱり本気で小説を書くならこれくらい手間隙かけなくちゃな」とも思いました。

 日常の中の空き時間でなんとな~く書くのではなくて、気合を入れて時間と体力を捻出しなければ。

 もちろん早めに原稿を準備しておけばいいわけですし、締切りが近くなることで力が発揮されるという部分もありますけれど。

 いろいろ考えさせられた2週間でした。