2014年6月27日金曜日

◆ダメ本『あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 』

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 (角川フォレスタ)
あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 (角川フォレスタ)

「買うんじゃなかった」と後悔した一冊。内容的に気になるという方には、立ち読みをおすすめします。

 本の中で紹介されている「時間短縮術」の内容は、まあまともです。机の上やその周辺を整理する。書類をデータ化して整理する。自分の活動時間を測って、それらが効率的にこなせるように整理する。そういう話です。

 それ自体は間違ってはいないのですが、内容の水増しと論理の飛躍がひどい。「この方法を試した予備校生は成績が上がりました」などと、途中経過をすっとばして、どこのデータとも分からぬ結論を要所要所でいきなり述べてくる杜撰さなのです。全編その調子。

 合間に、箸休めというか水増しみたいな感じで挿入されている漫画も内容的におかしい。この本で紹介されている整理術を試したら、なんだか知らないけどいきなり会社から報奨金をもらえるようになるんだそうです。一応そこに「なぜそうなるのか」というロジックはあるけれど、基本的に風がふいて桶屋が儲かる的なアレです。

 この本の作者は、どうやらセミナーなども開いているようです。たぶんそこで紹介されている方法論は、この本の前半に書かれているような内容なのでしょう。そこらへんは確かに、時間短縮術としては有効な感じがするのでいいと思います。

 でも後半は明らかに水増しで、読む価値なし。Amazonではいい感想がたくさん書かれていると思いますが、どこまで本当なのかちょっと怪しいところです。

 この本は本当に立ち読みで十分です。書店で見かけたらその場で流し読みして、エッセンスだけ自分の仕事に生かすようにすればいいでしょう。あるいはこの本の良くないところを反面教師に、他の本に当たったほうが良さそうです。