2014年1月11日土曜日

◆富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)

 1967(昭和42)年6月18日のことである。

 富山県婦負郡八尾町(現在は富山市に編入)栃折の県道を、一台のマイクロバスが走行していた。

 もう少し具体的な場所を言うと、そこは茗ケ島の仁歩発電所から上流へ1キロほど行ったあたりである。

 マイクロバスは岡本工業という、おそらく建設関係の会社のものだった(現在も八尾町に同名の会社があるが、同じものかは不明)。乗っていたのは農家の出稼ぎ組の人々15名で、大長谷川の堰堤工事に向かっていた。

 ところがこのバスを悲劇が襲う。バスが走行していたのは曲がりくねったカーブ続きの悪路で、これがある地点で左側の路肩からはみ出してしまったのだ。

 これによりバスは転落。100メートルもの高さを、大長谷川へ向けて真っ逆さま。乗っていた労務者のうち7人が死亡、運転手を含む9人が死亡した。

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm