2013年12月12日木曜日

◆『イタコ』出版秒読み段階

 さっき、『イタコ』のKDP出版の手続きを終えました。

 たぶんスムーズにいけば、「48時間以内」にamazon内で電子書籍としての販売が始まるのだと思います。

 価格は250円に設定しました。

 それで、今後の予定ですが、まずはとりあえずの定価として250円でいきます。

 本当は最初は無料で配布したいところなのですが、とにかく出版するからには価格を設定しなくちゃなりません。それで、amazonの同人電子書籍出版としては平均的と思われるところの250円にしました。

 で、いったん僕が自分で購入して、kindle端末で読んだ場合の不具合や誤字脱字などがないかチェックします。

 チェックした結果、問題があれば修正して販売し直します。

 このチェック作業も出版前に綿密にできればいいのですが、いったん出版してkindle端末で見られるようにしてからでないと、確認できない事柄もあるのではないか……と思うのです。

 ともあれ、このチェックが済んだら積極的な配布を始めるつもりです。

 まずは、2~3日の間、無料キャンペーンを行ないます。

 このキャンペーン中は、あわせて、前に出版した『光速』も無料にします。

 あと『光速』はamazonでの独占販売期間も過ぎたはずなので、pubooでも有料配信して、電子書籍端末を持っていなくてもPDFとかでPCでも読めるようにしようかなと目論んでおります。目論見どおりにいきそうなら、そのpubooでの有料配信予定のぶんも、キャンペーン期間にあわせて無料にします。

 で、キャンペーン期間が過ぎてからの予定ですが、『イタコ』はしばらく250円の価格設定でいきます。

 そして、まあ大体2週間から1ヶ月くらい見ていますが、ある程度関心のある人は買ってくれたかなーと思ったら、300円に値上げします。

 それ以降は、300円が定価になります。

 つまり、250円というのが、そもそもお徳価格であるということです。

 というわけで、もしも『イタコ』が販売開始されたら読もう、と考えている方は、以下の予定表を参考にしてみて下さい。

1・250円で販売開始(無料キャンペーン前)……誤字脱字等チェック段階。
2・無料キャンペーン開始……購入するのに一番お得な段階。
3・250円で販売(無料キャンペーン後)……未購入の方は、300円に値上がりする前にどうぞご購入下さい。
4・300円で販売開始……以降はこの価格でいきます。

 僕は販売戦略オンチもいいところなので、これでいいのかどうか色々と不安ではあります。

 もちろん一番にある思いは「とにかく読んでもらいたい」「yukkeさんの絵を鑑賞してもらいたい」ということに尽きます。

 だから本当は、価格はもっと低めにしてもいいんですけどね。でも、同人作家とはいえ市場に出す以上は、周囲の価格設定と足並みをそろえなくちゃ。

 そのように足並みをそろえつつも、無料キャンペーンや、後々の値上げ予定などを最初にお知らせすることで、できるだけ多くの人が作品を手に取る気になるようにがんばってみたつもりです。

 今後の動向やお知らせなどは、主にこのブログでどんどん発信していきます。よかったらこまめにチェックしてみて下さい。