2013年10月7日月曜日

◆カメラ使ってて分かってきたもうひとつのこと


 田んぼ沿いのコスモス。同じ場所で何枚か撮っているのですが、どの写真も後から見ると失敗していて残念です。

 今まで自分が撮った写真を、分析したいなと考えています。

 うまくいったと思う写真と、特に失敗したと思う写真を並べて、絞りとかシャッタースピードとかがどのくらいだったのか、まあ素人なりに数値を分析してみたいな、と。

 ちょうど半年ほどカメラをいじってみて、ようやく新たに分かったのは「説明書と入門書を読んでも分からない」ということです。

 説明書も入門書も、ある程度カメラをいじってみて、うまく撮れない理由がなんとなく見えてきたところで読んでみて初めて役に立つ感じがします。

 本当に素人の導入部にふさわしい入門書は、なかなかないですね。

 いえ、普通の人は、巷に出回っている入門書と経験知で充分なのかも知れませんが、僕はそういう「経験して覚える」「体で覚える」「見て覚える」のは苦手なもので。

 体系化された理屈が先にあって、そっから得られるシンプルな結論があって、それを土台にして得た経験からスタートしないとうまくいかない頭でっかちタイプなのです。