2013年10月25日金曜日

◆ジムでのトレーニングプログラムをちょっと変更


 山形県村山市、某所。少し前の写真ですが(前も似たようなのを載せた気がするけど…)。

 ジム通いは相変わらず続いていますが、最近ちょっと我慢ができなくなり、トレーナーの方に相談してプログラムを変更しました。

 まず、全ての筋力トレーニングを5キロほどプラスしました。

 あと、有酸素運動としてルームランナー、バイク、水泳をそれぞれちょびっとずつ盛り込んでいたのですが、バイクだけに統一することにしました。

 なぜバイクにしたかというと、ルームランナーと水泳は、正直なところ「退屈」だからです。

 なぜ「退屈」かというと、ひたすら歩くこととひたすら泳ぐこと以外に、できることがないからです。

 でもバイクは、漕ぎながら読書ができるのです!

 ジムでも、そのための雑誌を用意してくれている程です。

 本が読めるというのはいいですね。ルームランナーは、歩きながら、もしくは走りながら雑誌を読んだりするのはもともと禁止されています。できなくはないんでしょうけど、バランス崩して転倒するかも知れませんからね。水泳ももちろん無理。だったらいっそ、バイクに統一しようかなと。

 今までは有酸素運動を1時間やるように定めていたのですが、バイクだけを40分やることにしました。

 ただ、僕は仕事貧乏性というかサボり恐怖症というか、怠けるということに罪悪感を抱く性格です。ですから「トレーニング時間を縮めるのは、即ち怠けるということではないか?」と少し考えたのですが、トレーナーさん曰く「運動の効果としては1時間を40分に変更する程度ならあまり変わりはないと思う」とのことで、まずは安心しました。

 実際にやってみると、ルームランナーでひたすら歩くだけの40分よりも、読書しながらのバイク40分の方が短く感じます。なんか、感覚としては半分くらいの時間で済んでるんじゃないか、とすら思えますね。

 誰もが夢見る「本を読みながら運動」がここに実現しました。「ながら運動」とはいえなかなか侮れず、汗だくになりますよ。