2013年8月25日日曜日

◆筋力トレーニングはやっぱり毎日むやみにやると逆効果

 ジム通いを続けていますが、やっぱり毎日毎日むやみやらたと鍛えるのは良くないようです。

 てゆうか、かえって逆効果。

 いえ。もちろんジャック・ハンマー氏の例がありますから、「ハードワークやオーバーワークは逆効果」なことぐらい知っていたつもりです。

 でもそれは、もう本当に体を痛めつけるぐらいの極限的なトレーニングのことを指すのだと思っていました。

 ところが違うんですね。トレーニングの量について、どこを超えると「ハード」とか「オーバー」になってしまうのか。その基準は絶対的ではなく相対的なものなのです。

 つまり僕みたいな慢性運動不足で、マイナスをゼロにするためにトレーニングをしているような人間でも同じなのです。

 走ったり自転車こいだり泳いだりする有酸素運動はいいのですが、とにかく筋力トレーニングは同じ部位を毎日毎日痛めつけてはダメなんですね。そのあたり、なんとなく気づいてはいたのですが、最近になってはっきり確認できました。

 そう、なんとなく気づいてはいたのです。

 忙しくてジムに行けなかったりして、2日ぶりくらいに筋トレをやったりすると、かえって調子がいいんですもの。

 それでも頭の中では「トレーニングをさぼってはいけない、毎日やらなくちゃいけない」と考えていたし、あと先述の「ハードワークやオーバーワークの問題は素人は関係ない」と思い込んでいたのもあって、今までちょっと無茶していました。

 その意味で、今後は少し「サボり」たいと思います。筋肉を休ませる時間を作りますです。