2013年7月18日木曜日

◆東根市の蕎麦屋「伊勢そば」


光の加減に大失敗してしまいましたが、これは東根の蕎麦屋「伊勢そば」で食べたときのもの。

同僚に教えられて、ちょっと足を運んでみたのです。

なんでも、おそらく県内一固い蕎麦なのではないかと有名なのだとか。

それで、天そば? そば天? だったかの、そういう名前のものを食べてみました。これで750円。

そばの硬さについては、前もって聞いていたので「ああこういう歯ごたえなのか」とあっさり受け入れて食べることができました。

なぜか麺も短いので、いわゆる「すする」食べ方ではなく、そば粉の塊を箸でつまんで口に運び入れる感じです。ゾゾゾ~ッとそばをすするのではなく、ニッチャニッチャと蕎麦を噛むのです。

あと、一緒についてきた天ぷらが、これまた硬い。

箸で普通につまんで齧ると、バリバリ、ガリガリと音が出ます。

あと箸で挟んで切ろうとすると、箸のほうが折れそうでした。

ですので、真ん中から箸を突き刺して、そこからえぐるように割る感じで何等分かにしました。で、それをそばつゆに浸して、やっと人並みに齧れます。

話によるとこの蕎麦屋は有名かつ人気で、県内外から人がよく来るそうです(駐車場には宮城や仙台ナンバーも多かったし)、また、地元でもこの店の蕎麦のファンというか、もはや信者のような人もいるとかいないとか。

僕はまあ、一度実験的に食べただけで充分かな。話のタネですね。

蕎麦は、やわらかいのをすするのが好き。大石田のきよそばとか。