2013年6月3日月曜日

◆光速文芸部を電子書籍化するかどうか


 おとといの高尾山みやげの写真を、もうひとつ。

 本当は高尾山限定のペットボトル入りお茶もあったのですが、そっちの写真はピンボケがひどくて使えませんでした。

 昨日は完全にブログ更新を忘れておりました。

 やっぱり、朝のうちにやっておかないといけませんね。しかも昨日は『光速文芸部』の続編を書いて、あと『イタコ』の電子書籍化に関する打ち合わせに集中していたため、それ以外のことは完全にアウトオブ眼中(死語)でした。

 電子書籍化計画といえば、『イタコ』に先がけて『光速文芸部』もKDPで公開してしまおうかどうか、ちょっと迷っています。

 KDPに出すことを考えている理由は、いくつかあります。

1・イタコよりも短めなので、読者に対する「挨拶状」がわりにちょうどよさそう。

2・yukkeさんからのイラストを生かしたい(文学賞に応募すると使えなくなる)。

3・コンパクトな作品のほうで、実験的に(技術的な意味で)電子書籍化を試してみたい。

 とまあ、こんな感じです。

 よかったらご意見ください。