2013年6月15日土曜日

◆ふりこまんじゅう

鶴子ダムだったか、はながさ高原だったか、とにかくあの辺りからの風景。

写真とは打って変わって、今朝は「どう考えてももう梅雨入りしただろ」と言いたくなるような曇り空です。

濃厚なガスで山は見えず、本当に夜明けなのかも怪しげな薄暗さ。そして湿気。

ところで昨日、尾花沢市の農協で、高齢者の皆さんに振り込め詐欺に注意してもらうためのイベントがあったそうです。

金融機関に年金おろしにやっていた人たちに、尾花沢警察署が独自に作ったキャラクターが「振りこまんじゅう」というまんじゅうを配ったとか。

そのキャラクターの名前というのが、「振子万蔵(ふりこまんぞう)」と「振子真愛(ふりこまない)」というもの。

手作りのかぶりものを、警察署員がかぶっただけのものなんですけどね。なかなか素朴で味わいがあります。なんでも、地域の署単位でああいうキャラを作って振り込め詐欺などの防止運動を行うのは、全国でもおそらく初めてだとか。

「振りこまんじゅう」というのも、警察署と地元の菓子店などが協力して作ったもの。友人いわく、味や形態は薄皮饅頭そのものだそうです。高齢者がこれをネタにして茶飲み話で盛り上がってくれれば、おかしな電話が来た場合もすぐに気付くのではないか、というアイデアです。まんじゅうだったら高齢者に対してもインパクト充分であろう、と。

「振子万蔵(ふりこまんぞう)」と「振子真愛(ふりこまない)」、そして「振りこまんじゅう」。まあ馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しいのですが、こういう素朴さと馬鹿馬鹿しさというのは強みなんですよね。地域をPRしていく上で大事にしなければならないものが、なにげに出揃っている感じがします。

いっそ、誰も気付かないフリして、振子真愛ちゃんを「振子万子(ふりこまんこ)」にすればよかったのに。万蔵さんの孫という設定で。テレビではとても大々的に紹介できませんが、たぶんネット上では大ウケですよ。

あーでも基本的に高齢者向けのキャンペーンだから駄目か。痛いニュースとか見ないでしょうしね。いや、そもそもインターネットを見ないでテレビばかり見ているでしょうから、放送禁止のものには永遠に触れられないことでしょう。残念です。