2013年5月30日木曜日

◆バスタオルはブログネタになるか


 近所の神社。逆光でひどいことに…。まあいいや。

「ブログで書くことがない」という心境には僕もよく陥ります。

 じゃあ逆に、どういう時に「書くことがある」という気分になるかというと、何か新しいことをやっている時です。

 ですから「書くことがない」と思うのは、生活や環境が前進していない、停滞している、マンネリ化しているということなんでしょうね。

 あるいは意識の問題で、ごく当たり前に感じていることを、新鮮な視点で捉え直してみるとか。

 たとえば僕の目の前にはバスタオルがありますが、このバスタオルももう年季もので、ずいぶん使い込んでます。

 試しにこのバスタオルの歴史を書いてみるとどうなるでしょうか……。

 ひょっとすると、20年くらい使ってるかも(笑)

 今、もうちょっと詳しいことを書こうと思ったのですが、やめておきます。そういえば秋田で一人暮らしをしていた学生時代は、かなり不潔な使い方をしていたもので。

 ――というわけで、中にはとても書けないこともありますが、バスタオル一枚でもブログネタくらいにはなるということですね。