2013年3月13日水曜日

◆贅沢な悩み

 今夜の夕食は、会社でもらった余りものの弁当です。

 内容物は、野菜と肉がいまいち足りない気もしますが、まあバランスの取れたメニューだと思います。

 だけど、こうしてお弁当をもらったりして食べていると、配達されてくる食材が余ってしまうのが困りもの。

 配達されてくるものだけでなく、それと一緒に調理しようと買っておいた野菜なども、必然的に手つかずのままたまってしまいます。これらは、どこかのタイミングで一気にガッと料理しなければいけませんね。

 でも問題は他にもあります。夜は、あまりバカスカ食べないようにしようと最近は心がけているのです。

 以前、「昼はしっかり食べて、夜は控えめにするのが体にいい」と聞いたことがあったもので。

 でも上記の、余っている食材を調理して食べる機会って、大抵はお昼ごはんよりも夕ご飯の方になるんですよね。

 これでは冷蔵庫の中身が減りません。

 また、それだけではありません。これから暖かくなってくるので、食材の保存そのものにも気を使います。要は、腐りやすくなります。

 冬場は、料理の手間を省くために、四合のご飯を一気に炊いて、必要に応じてそこからすくい取っておりました。でも今後は少なめに炊いて食べ切るようにするか、あるいは冷蔵庫・冷凍庫での保存も考えた方がよさそうです。

 食べ物が余って困っている、というのも贅沢ですけどね。それは分かっています。これではハングリーになれません。

 ですから、もしかするとここは、「食材を人にあげる」というのも選択肢のひとつかも知れませんね。

 実家がいいかな。両親もいいかげんに老夫婦なので、放っておくと肉とか脂とかが不足していそうなんですもの。

 よし、今度持っていってやろう!