2013年1月3日木曜日

◆焼肉エルバートの終焉

拙作『イタコに首ったけ!』で、主人公たちが焼肉食べ放題の店で食事をするシーンを描きました。

その店の名前がエルバートというのですが、これは僕が学生の頃にお世話になった店の名前をそのまま使ったものです。本当に焼肉食べ放題の店で、一食1,500円で胃袋に詰め込めるだけ詰め込んだものでした。

それで去年、秋田に行った時に見てみたら閉店しておりました。という話です。

残念といえば残念ですが、なんかこう、確かに数十年はもたないだろうな…という雰囲気はあったと思います。焼肉食べ放題って、変な言い方かも知れませんが、その店の「実力」ではなくて、景気にもろに左右されそうですよね。他の業界との関わりで成り立っているというか。

でも、僕は今も秋田に行きますし、学生時代には足を運ぶことがなかったお店を新しく知ったりしています。思い出は思い出として、そういう思い出をも含んだ秋田市という街を、これからも丸ごと愛していきたいものです。